チームつながるつたえる星空現像勉強会資料 Lightroom編

  1. 会員の方へお知らせ

星空の現像は色々な手法があり複雑なものも多いですが、ここでは簡単で効果の大きな方法のみを説明します。

先ずはLightroomを使った方法を説明します。

この写真を現像していきます。
先ずはカラープロファイルをカメラマッツチングにして、好みのプロファイルを選択します。

Created with GIMP

「Adobeカラー」になっているプロファイルを「参照」を選択して「▼カメラマッチング」からお好みのカラープロファイルを探すと良いと思います。勿論これも個人の好みなのでカメラマッチングに拘る必要はありませんが・・・

お好みのプロファイルを選んだら「閉じる」をクリックします。

「レンズ補正」の「プロファイル」タブで「色収差を除去」と「プロファイル補正を使用」にチェックを入れます。

次に露光量を調整します。個人的な好みもあるし伝えたいイメージもあるのでお好みの露光量で良いのですが、ヒストグラムのピークが左から1/3程度にするのが一般的のようです。

次にホワイトバランスですがスボイドツールを使う方法もありますが、彩度を最大にして、本来白くなる部分(例題の写真の場合はスカート)に着目して色温度と色かぶりを調整するのが確実な気がします。調整が終わったら彩度を元の状態に戻します。

次に段階フィルターを使います。段階フィルタータブをクリックして図のようにある程度幅広くドラックします。

「白レベル」を上げて「黒レベル」を下げます周りとの明るさを調整するために露光量も調整します。テクスチャが使えるバージョンならテクスチャを少し上げてみても良いと思います。明瞭度を上げると星は強調されますが画質の悪化が大きいように思います。

次に光害を目立たなくします。光害のある部分を補正ブラシでなぞります。マウスのホイールを回すとブラシのサイズが変わりますが大きくして使う方が変化が滑らかになりますので不自然になりにくいです。

彩度とコントラストを下げて露光量を調整します。ブラシはAを使うと境界が滑らかになります。塗り過ぎたら消去タブを選んでブラシの範囲を消します。

ここまできたら全体の色調などをお好みで調整します。そうすると右側の明るい部分が気になってきました。

画面右側が明るいし黄色が強いので段階フィルターで調整します。

これでLightroomを使った演習は終わります。Photoshopを使った演習はまだ次回に掲載します。

寄稿者 せせり

関連記事