ただ待つ、じっと待つ、ひたすら待つ。

  1. Member's BLOG

寒狭川の新城市出沢地区に、江戸時代から伝わる伝統漁法
鮎滝の「笠網魚」は
新城市指定の無形文化財であり、夏の風物詩です。
6月から9月に滝つぼから遡上しようとする魚を網ですくうシンプルな漁法は
誰でも出来るのではなく、出沢地区の特権で輪番制で行われています。

待つことが極意。
網を水の中に入れず、水面下の鮎の世界を侵さないのが
鮎に対する礼儀だそうです。


あぁ~ 夏はやっぱり、鮎が食べたくなってきます!


写真は数年前のものです。
この日、鮎の遡上の瞬間、網に入る瞬間を上手くカメラに収めれませんでした。(>_<)
同じようにじっと待たないと…ですね。


鮎は繊細な魚なので見学の際は静かに、水面に人が映らないように注意して
歴史ある漁法を見守ってほしいとのことです。
ごみなどは持ち帰るようマナーを守ってください。


アクセス等は ↓こちらで
鮎滝保存会のHP
https://sites.google.com/view/ayutakikasaamiryou/ホーム


tsukichan

写真の腕は上がらないけれど、四季の風景を追いかけ楽しんでいます。よろしくお願いします。

記事一覧

関連記事

【2020年中止】進雄神社例大祭

7月20日前後つながるつたえるがホームとする東三河では、毎年開催される大きなイベントが二つあります。一つは豊橋祇園祭り、もう一つは、豊川進雄神社例大祭この時期が…

光り

コロナウイルスが緩和され見つける事が出来た夜景(武豊)・・・これからも県内、市内と素敵な風景に出会いたいと思っています。…

近況と夢の吊橋

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。皆様こんにちは、うらさんです。さて、皆様はどのように日々をお過ごしでしょうか。私は休日に出…

秋ふかし

随分と秋らしくなってきました皆さんは秋と言ったら何を想像しますか?芸術、スポーツ、食欲...紅葉も秋を代表するものですね私の地元…

こどもの日

今日はGWの最終日で「こどもの日」でもありますね。みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。田原市では残念なことに朝から雨が降ってしまいましたが、GW最後のお家時間をまった…