ただ待つ、じっと待つ、ひたすら待つ。

  1. Member's BLOG

寒狭川の新城市出沢地区に、江戸時代から伝わる伝統漁法
鮎滝の「笠網魚」は
新城市指定の無形文化財であり、夏の風物詩です。
6月から9月に滝つぼから遡上しようとする魚を網ですくうシンプルな漁法は
誰でも出来るのではなく、出沢地区の特権で輪番制で行われています。

待つことが極意。
網を水の中に入れず、水面下の鮎の世界を侵さないのが
鮎に対する礼儀だそうです。


あぁ~ 夏はやっぱり、鮎が食べたくなってきます!


写真は数年前のものです。
この日、鮎の遡上の瞬間、網に入る瞬間を上手くカメラに収めれませんでした。(>_<)
同じようにじっと待たないと…ですね。


鮎は繊細な魚なので見学の際は静かに、水面に人が映らないように注意して
歴史ある漁法を見守ってほしいとのことです。
ごみなどは持ち帰るようマナーを守ってください。


アクセス等は ↓こちらで
鮎滝保存会のHP
https://sites.google.com/view/ayutakikasaamiryou/ホーム


tsukichan

写真の腕は上がらないけれど、四季の風景を追いかけ楽しんでいます。よろしくお願いします。

記事一覧

関連記事

追い求める

月観音 豊橋で生まれて育って40年地元のいい所も実はそんなに知らず過ごしてきました。 カメラを趣味として始め、いろんな物を多角的に撮ることの楽し…

龍神伝説と生卵

「みどり湖」という湖があります愛知県の山奥に新豊根ダムのダム湖です名前の通り、エメラルドグリーンの水面の神秘的な湖です湖…

雪景色

雪化粧をした中橋今年は、色々なことが制限されるなど大変な1年となってしまいましたね。僕自身も昨年は10回近く訪れていた高山も2回しか行けませんでした。…

3月3日はひな祭り

緊急事態宣言が出てから色々なとこをへ行くことも制限されてしまっていますが今年も開催されていましたので毎年の成長記録なので感染対策をして行きました。…

熱い夏🏄‍♂️

オリンピック 終わっちゃいましたね私が密かに楽しみにしていた競技は新種目のサーフィン🏄‍♂️2018 地元の赤羽根ロングビーチで開催された…