豊橋鬼祭 安久美神戸神明社

  1. Member's BLOG

毎年2月10日、11日には、豊橋市の安久美神戸神明社にて【豊橋鬼祭】が開催されます。

豊作と厄除けの祭りで、1000年以上も前から毎年行われています。
11日に行われるクライマックスの「天狗と赤鬼のからかい」には、大勢の人が訪れます。
これは、昔、いたずらをする赤鬼をこらしめようと天狗が来て、何度も天狗に挑戦しても敵わない赤鬼は自分の非を悟り、
持っていた白粉餅や雑穀の粉で、罪・けがれを祓い清めて里人に償いをした…という話が由来です。

赤鬼は「アーカーイ」と叫び、白い粉とタンキリ飴を撒きながら神明社をでて、町中をめぐります。この時期は、町のあちこちが白く染まります。
本祭の11日は、町中を走り回る赤鬼や天狗の位置をスマートフォンで確認できるアプリ「おにどこ」もありますので、スマートフォン片手に赤鬼、天狗を町中探してみるのも楽しいかもしれません。
また、このタンキリ飴を食べると厄除けになり、夏病みをしないといわれています。

なお、本年度は新型コロナウィルス感染予防のため、関係者のみの開催となり、一般参拝者は立ち入り禁止で催行されました。来年は例年通りの開催ができることを願っています。

数年前にからかいを見に行った時の写真を何点か掲載します。※写真は一部ぼかし加工しています。

天狗と赤鬼との対峙
赤鬼のかわいい足さばきにも注目
天狗のカッコいい佇まい
鬼は近くで見ると大迫力
何やら怪しい赤い提げ袋を持った人がウロウロし始めて
鬼が逃げると、パパーンと爆音とともに
タンキリ飴、白粉が撒かれて一面真っ白になります。
Noriko

つなつた仲間たちと楽しく充実な写活をしてます。
魅力的な地元東三河の良さをお伝えしていきたいです。

記事一覧

関連記事

一瞬のチャンス

僕がカメラを始めたのは愛犬を可愛く撮りたいと思ったのが始まりです。少しは可愛く撮れてるでしょうか(^^)それにしても上手く撮るのは難しいものです。…

夏の空

毎日 雨が続いていますがそろそろ梅雨明けですが 今年は各地でイベントが中止で夏の楽しみを探している方も多いと思います。そんな時は車でドライブしながらのカメラライ…

豊川の奇祭どんき

一瞬何⁉︎と思われるかもしれませんが狐と鬼が子供に赤ガラを付けて回るこのお祭り。塗られた子供は無病息災になると言われています。最初は子供…

3月3日はひな祭り

緊急事態宣言が出てから色々なとこをへ行くことも制限されてしまっていますが今年も開催されていましたので毎年の成長記録なので感染対策をして行きました。…

“流し”のおじさん

朝晩はかなり過ごしやすくなってきましたが、そのペースで過ごしやすくなってくれないCOVID-19...幸い チーム#つながるつたえる のホームエリアでは比較的深…

【2020年中止】進雄神社例大祭

7月20日前後つながるつたえるがホームとする東三河では、毎年開催される大きなイベントが二つあります。一つは豊橋祇園祭り、もう一つは、豊川進雄神社例大祭この時期が…