豊橋鬼祭 安久美神戸神明社

  1. Member's BLOG

毎年2月10日、11日には、豊橋市の安久美神戸神明社にて【豊橋鬼祭】が開催されます。

豊作と厄除けの祭りで、1000年以上も前から毎年行われています。
11日に行われるクライマックスの「天狗と赤鬼のからかい」には、大勢の人が訪れます。
これは、昔、いたずらをする赤鬼をこらしめようと天狗が来て、何度も天狗に挑戦しても敵わない赤鬼は自分の非を悟り、
持っていた白粉餅や雑穀の粉で、罪・けがれを祓い清めて里人に償いをした…という話が由来です。

赤鬼は「アーカーイ」と叫び、白い粉とタンキリ飴を撒きながら神明社をでて、町中をめぐります。この時期は、町のあちこちが白く染まります。
本祭の11日は、町中を走り回る赤鬼や天狗の位置をスマートフォンで確認できるアプリ「おにどこ」もありますので、スマートフォン片手に赤鬼、天狗を町中探してみるのも楽しいかもしれません。
また、このタンキリ飴を食べると厄除けになり、夏病みをしないといわれています。

なお、本年度は新型コロナウィルス感染予防のため、関係者のみの開催となり、一般参拝者は立ち入り禁止で催行されました。来年は例年通りの開催ができることを願っています。

数年前にからかいを見に行った時の写真を何点か掲載します。※写真は一部ぼかし加工しています。

天狗と赤鬼との対峙
赤鬼のかわいい足さばきにも注目
天狗のカッコいい佇まい
鬼は近くで見ると大迫力
何やら怪しい赤い提げ袋を持った人がウロウロし始めて
鬼が逃げると、パパーンと爆音とともに
タンキリ飴、白粉が撒かれて一面真っ白になります。
Noriko

コロナ禍でなかなか撮りにいけないけど、
魅力的な地元東三河の良さをお伝えしていきたいです。

記事一覧

関連記事

STAY HOMEから得たものは…

コロナ禍で余儀なくされたStayHomeで数十年ぶりに『ひまわり栽培』にチャレンジしてみました!1週間ほどで発芽(5月上旬)植え替えると雑草との…

梅雨

雨が似合う紫陽花色も形も様々たくさんの種類があって、どれも素敵皆さんの近くにも咲…

うどん作り1年生

こんにちは!!渥美半島で子育てしながら農業をしているmugi_mamaです。息子がうどんを打ちはじめてから、もうすぐで1年。きっかけは【…

楽しくわんちゃん撮影

今回は僕の犬撮りについて少し書きます。わんちゃん撮影で心かけていることは楽しく撮ることです。失敗してもボケてもいいやって気持ちで撮ってます。無理…

伊良湖の朝日

いろいろなことが変わった2020年ももう終わりますね。初日の出を見に行かれる方も多いと思いますが、伊良湖の初日の出はどうでしょう?長い海岸線から…

3月3日はひな祭り

緊急事態宣言が出てから色々なとこをへ行くことも制限されてしまっていますが今年も開催されていましたので毎年の成長記録なので感染対策をして行きました。…